第2回教育講座「集団づくり」(10月22日)再掲

第2回教育講座「集団づくり」
子どもが輝き
成長する集団づくりへ
〜実践上の大切なポイント〜

と き 2022年10月22日(土) 13時半〜16時頃
ところ 大阪府教育会館(たかつガーデン)2FコスモスB
資料代 500円(今年度サポーターは無料)

 大阪教文センター今年度の教育講座は「子どもの成長・発達にとって何が必要か」がテーマです。小中学校を中心とした学級集団,学年集団,児童会・生徒会,行事等「集団づくり」の実践報告をします。

 大阪教文センターでは,7月から生活指導研究会に代わり,新たに「集団づくり研究会」を発足すべく,3回の準備会を重ねてきました。そしてこの第2回教育講座から正式に発足します。研究目的を「学校現場の集団づくり実践から,子ども自立と自治を育む視点や大切なポイントを明らかにし,子どもの成長・発達を明らかにしていく」として,学級や小集団,学年,行事,児童会・生徒会,学校全体を含め,集団づくりの方法や理論を明らかにしていきます。
 第2回教育講座 集団づくり研究会1回目の実践報告は,小学校高学年・低学年の実践です。

【実践報告】
①「学級づくりで大切にしていること〜安心できる空間づくり〜」(低学年)
②「3月をみんなで笑って,迎えることができるように〜納得して学校を巣立てるように〜」(高学年)

■第2回教育講座チラシ(カラー)■

■第2回教育講座チラシ(モノクロ対応)■

 

  

秋の府民学習会 10月15日

子どもと教育・文化を守る大阪府民会議
秋の府民学習会
子どもたち,父母・府民,先生
みんなで「教育」を考えよう

【シンポジウム】
府内の子ども,保護者,学童指導員,教職員
子どもたちの健やかな成長のために「教育で私たちが大切にしたいこと」をいっしょに考えませんか?

2022年10月15日(土) 13時半〜16時40分
大阪府男女共同参画・青少年センター
(ドーンセンター)5階 特別会議室
オンライン ミーティングID: 818 9314 4208
パスコード:221015

■チラシはコチラ■

  

近畿東海教育サークル合同研究集会(9月23日再掲)

みんなでつくろう 教育の未来
近畿東海教育サークル合同研究集会
(集会+オンライン)

9月23日(金・祝)10時〜16時
(対面とオンラインのハイブリッド)
会場 奈良教育大学付属小学校
(奈良市高畑町/奈良教育大学内)
参加費無料
■申込みはここをクリック■

●全体講演 10時〜
「『パンプキン!模擬原爆の夏』ができるまで」
         令丈ヒロ子さん(児童文学作家)
大阪在住の令丈さんが東住吉区田辺に
模擬原爆が落とされたことを知って、
物語をつくられたそうです。
そのあたりの思いや過程を聞かせていただきます。

●ミニレポート 13時
・つづりかた実践(京都)
・学校統廃合問題(奈良)

集会の中身は30代、40代メンバーが
いいものにしようと企画しました。
午前、午後だけの参加ももちろん大歓迎です。

■このフライヤーはコチラ■

▶大阪教育サークル連絡協議会・各サークルのWEBページ

  

第2回教育講座「集団づくり」(10月22日)

第2回教育講座「集団づくり」
子どもが輝き
成長する集団づくりへ
〜実践上の大切なポイント〜

と き 2022年10月22日(土) 13時半〜16時頃
ところ 大阪府教育会館(たかつガーデン)2FコスモスB
資料代 500円(今年度サポーターは無料)

 大阪教文センター今年度の教育講座は「子どもの成長・発達にとって何が必要か」がテーマです。小中学校を中心とした学級集団,学年集団,児童会・生徒会,行事等「集団づくり」の実践報告をします。

 大阪教文センターでは,7月から生活指導研究会に代わり,新たに「集団づくり研究会」を発足すべく,3回の準備会を重ねてきました。そしてこの第2回教育講座から正式に発足します。研究目的を「学校現場の集団づくり実践から,子ども自立と自治を育む視点や大切なポイントを明らかにし,子どもの成長・発達を明らかにしていく」として,学級や小集団,学年,行事,児童会・生徒会,学校全体を含め,集団づくりの方法や理論を明らかにしていきます。
 第2回教育講座 集団づくり研究会1回目の実践報告は,小学校高学年・低学年の実践です。

【実践報告】
①「学級づくりで大切にしていること〜安心できる空間づくり〜」(低学年)
②「3月をみんなで笑って,迎えることができるように〜納得して学校を巣立てるように〜」(高学年)

■第2回教育講座チラシ(カラー)■

■第2回教育講座チラシ(モノクロ対応)■

 

  

教育のつどい大阪2022 9月19日オンライン視聴

教育のつどい大阪2022全体会
9月19日(祝)13時半 参加費無料

■全体会のオンライン視聴(申込み不要)はコチラ■

https://www.youtube.com/watch?v=cRowqlzUjdo

講演 公教育の危機―子どものための教育を取り戻そう―
講師 鈴木大裕さん(教育研究者・土佐町議会議員)
16歳で単身米国に留学。そこでの教育に衝撃を受け、日本の教育改革を志す。
2019年に土佐町議会議員選挙当選。教育を通した町おこしに取り組んでいる。
著書『崩壊するアメリカの公教育―日本への警告』(岩波書店)
  『自由の危機:息苦しさの正体』(集英社・共著)など。

  

今後の教育講座の日程

●今後の教育講座と共同研究集会の日程●
第2回教育講座 10月22日(土) 13時半
   「自治活動づくり」
   たかつガーデン・2FコスモスB

第3回教育講座 12月3日(土) 13時半
   (仮題)「タブレット(端末)の活用術」〜海外先進国から学ぼう,GIGAスクール構想下で授業をどうする?〜
   たかつガーデン・3Fローズ

第4回教育講座 2023年1月(未定) 14時
   環境教育研究会から報告
   たかつガーデン・(場所未定)
   
第5回教育講座 2023年1月28日㈯ 13時半
   「授業づくり」
   たかつガーデン・B1オリーブ
   
第33回共同研究集会 2023年3月21日(火)
   たかつガーデン・2Fコスモス

  

近畿東海教育サークル合同研究集会(9月23日)

みんなでつくろう 教育の未来
近畿東海教育サークル合同研究集会
(集会+オンライン)

9月23日(金・祝)10時〜16時
(対面とオンラインのハイブリッド)
会場 奈良教育大学付属小学校
(奈良市高畑町/奈良教育大学内)
参加費無料
■申込みはここをクリック■

●全体講演 10時〜
「『パンプキン!模擬原爆の夏』ができるまで」
         令丈ヒロ子さん(児童文学作家)
大阪在住の令丈さんが東住吉区田辺に
模擬原爆が落とされたことを知って、
物語をつくられたそうです。
そのあたりの思いや過程を聞かせていただきます。

●ミニレポート 13時
・つづりかた実践(京都)
・学校統廃合問題(奈良)

集会の中身は30代、40代メンバーが
いいものにしようと企画しました。
午前、午後だけの参加ももちろん大歓迎です。

■このフライヤーはコチラ■

▶大阪教育サークル連絡協議会・各サークルのWEBページ

  

教育のつどい大阪2022(9月19日)再掲

教育のつどい大阪2022(豊能ブロック)

●全体会
と き 2022年9月19日(月祝)13時半
ところ 池田市民文化会館アゼリア小ホール(+オンラインYouTube)
    (阪急宝塚線・石橋阪大前駅 西出口より徒歩8分)
参加費無料(会場参加は 下記より要WEB予約)

記念講演 公教育の危機ー子どものための教育を取り戻そうー
講師 鈴木大裕さん(教育研究者・土佐町議会議員)
  16歳で単身米国に留学。そこでの教育に衝撃を受け、日本の教育改革を志す。
  2019年に土佐町議会議員選挙当選。教育を通した町おこしに取り組んでいる。
  著書『崩壊するアメリカの公教育―日本への警告』(岩波書店)
    『自由の危機:息苦しさの正体』(集英社・共著)など。

歓迎行事 「沖縄とともに」劇「AI学園」

■教育のつどい大阪2022チラシ■

【会場参加予約】9月12日まで
http://www.daikyoso.net/
【当日オンライン試聴】
http://www.daikyoso.net/

●分科会
豊中市立大池小学校(阪急・豊中駅より徒歩5分)
①教科別分科会 11月12日(土)10時
②問題別分科会 11月19日(土)10時

  

環境問題から新型コロナウイルスを考える

環境問題から新型コロナウイルスを考える(国立環境研究所)

7月2日の環境教育研究会で紹介された
「新型コロナウイルス発生の裏にある“自然からの警告”」(国立環境研究所・五箇公一ダニ博士 2020.4 17分)を掲載します。

【TVでおなじみ、ダニ博士が語る】新型コロナウイルス発生の裏にある“自然からの警告”(2020.4公開 17分)

【おもな内容】
・生物多様性は人間が生きていく上で絶対必要
・しかし,現在は史上最悪の絶滅の時代
・生物多様性を脅かす要因
 生息地の破壊・乱獲・汚染・外来種の侵入・気候変動と温暖化
・生物多様性の破壊とグローバル化が感染症を拡大した
 (例 ヒアリは南米から中国,そして日本へ)
 インバウンドがもたらすリスク=寄生生物・感染症
・カエルツボカビ菌の日本上陸=日本の両生類が絶滅?
 実は日本が発祥だった
・病原体・寄生生物にも本来の生息地がある
 →病原体・寄生生物と宿主の間には共進化の歴史
 →感染症対策のための「感染症の生態学」の理解
・病原体も生物多様性の一員
 生物多様性の破壊が新興感染症の根本原因
・新型コロナは甘く見てはならない
(感染力と環境適応力がピカイチ)

→生物多様性の破壊を減速,自然共生社会へ
グローバリゼーションの脱却・地産地消へ

■さらにくわしく■より詳しい内容は,
なごや生物多様性センター設立10周年記念シンポジウム
(2022年1月22日開催)で
国立環境研究所 生物多様性領域室長 五箇公一さんによる
講演「ワンヘルス ~生物多様性保全と感染症管理~」
【公開期限:2023年3月31日】がHP上にあげられています。
なごや生物多様性センター|なごや生きものライブラリー

  

教育のつどい大阪2022(9月19日)

教育のつどい大阪2022(豊能ブロック)

●全体会
と き 2022年9月19日(月祝)13時半
ところ 池田市民文化会館アゼリア小ホール(+オンラインYouTube)
    (阪急宝塚線・石橋阪大前駅 西出口より徒歩8分)
参加費無料(会場参加は 下記より要WEB予約)

記念講演 公教育の危機ー子どものための教育を取り戻そうー
講師 鈴木大裕さん(教育研究者・土佐町議会議員)
  16歳で単身米国に留学。そこでの教育に衝撃を受け、日本の教育改革を志す。
  2019年に土佐町議会議員選挙当選。教育を通した町おこしに取り組んでいる。
  著書『崩壊するアメリカの公教育―日本への警告』(岩波書店)
    『自由の危機:息苦しさの正体』(集英社・共著)など。

歓迎行事 「沖縄とともに」劇「AI学園」

■教育のつどい大阪2022チラシ■

【会場参加予約】9月12日まで
http://www.daikyoso.net/
【当日オンライン試聴】
http://www.daikyoso.net/

●分科会
豊中市立大池小学校(阪急・豊中駅より徒歩5分)
①教科別分科会 11月12日(土)10時
②問題別分科会 11月19日(土)10時