第3回教育講座 担任だからこそできる小学校英語の授業(9月15日) 

 この案内のダウンロードはこちら(PDF)

教文センター第3回教育講座
担任だからこそできる小学校英語の授業

○日時 9月15日(土)午後1:30~

○会場 たかつガーデン(大阪府教育会館)2F「藤」
         近鉄大阪上本町駅(11番出入口)より徒歩3分
         地下鉄谷町九丁目駅(4番出入口)より徒歩7分

○参加費:500円 (教文センターサポーターは無料)

【報告】八尾市 小学校教員
    高概市 小学校教員

【特別報告】

ローマ字学習を英語学習に生かす
-教科の枠を超えて、言語教育を-

(兵庫・高砂市 小学校教員)

 大阪教育文化センター「授業づくり研究会」は、教育講座第3回を「担任だからこそできる小学校英語の授業」をテーマに行います。「授業づくり研究会」は「子どもたちが生き生きととりくむ授業がしたい!」の願いにこたえ、これまで国語や算数などの授業研究をすすめてきました。

 課題を残したまま4月からスタートした小学校英語の「早期化・教科化」。この間の研究会では、模擬授業を指導書どおりにやったら「これって大変!」ということがよくわかったり、実際に高学年を担任している3年目の教員から、実態を報告してもらい討論したりしました。

 そして今年は、毎年行っている「教育のつどい大阪2018外国語教育分科会」の教育実践講座を「授業づくり研究会」とコラボして、小学校だけでなく中学・高校の先生方も一緒に小学校英語小学校英語のあり方や実践を交流し合いたいと考えました。

 小学校の英語の授業で困っている先生方や自分なりに工夫をしてとりくんでいる先生方にも役に立つ講座になると思います。
教育のつどい大阪2018

レポート募集中!
今年度の外国語教育分科会は、11月12日に行われます。日頃の取り組みを気軽にレポートして下さい。しめきりは9月9日です。とりあえずはタイトルと200字程度のレポート要旨をお寄せ下さい。お待ちしています。

【主催】 大阪教育文化センター TEL 06-6768-5773

【共催】教育のつどい外国語教育分科会推進委員会
  大阪教職員組合 TEL 06-6768-2330

  

教育講座2018 道徳教科書の活用術(6月30日)

 この案内のダウンロードはこちら(PDF)

教育講座2018 道徳教科書の活用術 6月30日(土)13時半

かぼちゃのつるはわがままか?
お母さんの無償の愛なのか
手品師は誠実・正直なのか

子どもとともに考えたい特別の教科「道徳」の授業
目の前の子どもの実態から育てたい子どもの道徳性

基調提案

 いま、道徳の教科化の中で起きていること
 来年使用の中学校「教科書」はどうなっているのか教科書をどう活用するか,その扱い方

実践報告・教材分析

①小学校低学年「かぼちゃのつる」
②小学校中学年「お母さんの請求書」
③小学校高学年「手品師」

●研究協議

 報告を受けて研究協議と1学期の様子を交流します

6月30日(土)13時半~16時半たかつガーデン・2FコスモスA(近鉄「大阪上本町」駅・地下鉄「谷町9丁目」)

 4月から小学校では英語の教科化とともに,教科書を使用した特別の教科「道徳」が始まっています。

 また,今年は中学校の「道徳教科書」の採択があり,来年度から各学校で,採択された教科書を使っての授業が始まります。

 「道徳の授業」をして,どうでしょうか。

 「教科書」を使うと,発問もあり,スムーズに授業が展開できていると思っているでしょうか。

 「教科書」の内容とクラスの子どもの実態とかけ離れているようで,どうもしっくり来ないと思っていませんか。

 本講座では,「道徳の教科書」を吟味しつつ,子どもの「道徳性」をどう育てていくかを考えていきます。ぜひ,ごいっしょに考えてみませんか。

【大阪教文センター・教育課程研究会】

【次回の教育講座】
9月15日(土)「担任だからこそできる英語の授業」

大阪教育文化センター TEL 06-6768-5773
MAIL: kyoubun@minos.ocn.ne.jp