学校統廃合・小中一貫教育研究会(7月17日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2022年7月17日(日)13時半

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域の動向 今後の研究方向

【6月19日報告】
岸和田=学習会に36名現地参加 町内会は反対の意向 統廃合は保留
交野=みらい学園 女子トイレ1学年に4つのみ 公開質問状を提出
池田=学童の様子 中庭で叫ぶ子どもが増えた
守口=新しい学校園審議会 さらに2校区で義務教育学校の方向

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(6月19日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2022年6月19日(日)15時

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域の動向 小中一貫校の教育課程とは

【5月21日報告】
●岸和田
①「小中一貫校」ってどんな学校?講演会 6月5日 山滝地区公民館
②天神山ニュースで再質問状
 施設一体型小中一貫校への疑問,中1ギャップ
 チャイム 学校施設 スクールバス 行事 クラブ
 全校集会 卒業式・入学式 荒れたときの対応など
●交野 公開質問状
●豊中 施設一体型学校の校舎配置

 

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(5月21日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2022年5月21日(土)13時半

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域の動向 小中一貫校の教育課程とは

【4月17日報告】
・3月27日大阪交流集会の反省・総括
学校現場との連携がいるのでは
学校統廃合・施設一体型小中一貫は総務省主導で,教育論は関係ない形になっている
豊能町,交野,生野区で統廃合校開校
岸和田では,
プール=民間委託する話 バス送り迎え(年間500万円)
今後,教委は説明会はしない,非公開の地域懇談会に

●小中の接続の問題,教育課程,働き方の問題を議論する方向へ

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(4月17日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2022年4月17日(日)13時半

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域の動向 教育講座に向けて

【3月21日報告】3月27日の大阪交流会について役割分担、基調報告等について協議、各地からの報告では守口、交野、岸和田、池田からそれぞれ報告

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

学校統廃合・小中一貫教育 大阪交流会(3月27日)

大阪教育文化センター第3回教育講座
学校統廃合・小中一貫教育 大阪交流会★感想

■新版パンフレットはコチラ■

【日時】 2022年3月27日(日)13時半
【場所】 たかつガーデン(大阪府教育会館)3階 カトレア
【内容】 ①基調報告
     「府下各自治体の小中一貫教育・学校統廃合調査の報告と対抗軸」
     ②特別報告
     住民と教職員が共同してとりくむ統廃合反対の運動
     (交野市・岸和田市など)
     ③参加者から各地の実態報告と対抗軸を明らかにする
【参加費】500円(資料代)サポーターは無料

■チラシはコチラ■

●全国交流集会
2022年3月6日(日) 埼玉
午前:全体会(ハイブリッド) 午後:分科会(オンライン)


■■3月27日感想■■

●各地の運動が聞けてよかった。我が市でも,今後の学校編成がすすめられる中,統廃合ありきですすめられないよう,住民運動が大事だなと思います。

●学校統廃合・小中一貫教育は,公教育の破壊を目標にしたもので,小中一貫はそのための口実に過ぎないという,まとめには共感します。まとめは全体として賛成できる内容でした。
各地からの報告も生々しい,共感できる内容でした。「教育論」だけでなく,「自治体財政」の面からの批判も重要。また,市民運動をどう構築していくか,これが課題です。教師の多忙化,学級定員の問題など,どう連携していくかも,課題です。

●レポート報告,7月に発足した保護者住民の会の運動が3ヶ月後の9月には凍結する運動となったことに大変驚きました。
地域の様々な実情が影響するとは思いますが,保護者の運動(HP,TwitterなどSNSを活用した)のとりくみの速さには学ばないといけないと感じました。市長は住民の声を聴くふりはしていましたが,3月議会では反対する切実な住民の声が反映されるような判断をする姿勢は全く見られません。引き続き,運動を強めていかないといけません。学習会,交流会に参加して,エネルギーをもらいたいと思います。

●「学校規模の適正化」によって学校規模を大きくすると言うことは,現場教員にとっても一定の誘惑になっているようにも考えています。小規模校の先生には「大規模校だったら,校務分掌を分けられて一人あたりの業務負担が減るのになあ」「担任が休んでも代わりには入れる先生を見つけやすいなあ」という思いはあると感じています。でもそれは,そもそも業務が多すぎること,どこであってもギリギリの人員で,定数配置されていることなど,学校規模の問題ではないことを私たちは明らかにして,伝えていかないといけないと思いました。一貫校で起こる労働強化の問題も伝えないといけないです。

●やはり集まることは効力がありますね。とはいえ,リモートの要求もありましたので,いわゆるハイブリッド型ですすめるためには何を整備していく必要があるのか,実務的な面ではありますが,ご一考下さい。

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(3月21日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2022年3月21日(土)13時半

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域の動向 教育講座に向けて

【2月12日報告】
【守口】コロナ禍での学校の様子について報告があった。現在19人陽性で1・2年生は学年閉鎖となっている。3年生は入試前なので、登校しているのは各クラス10人程度、教員は1人陽性、スキー実習は中止となった。学年閉鎖の学年は、誰もいない教室で教師が授業をし、それをオンライン配信している。
・小中一貫・学校統廃合の実態については、2006年度から進められ、この15年間に6つの小学校と2つの中学校をなくした。2021年度に守口市は、新たに「守口市新しい学校園づくり審議会」を発足させ、さらに学校統廃合・小中一貫教育づくりを推し進めようとしている。
【交野】交野でもコロナで休校が相次ぐという実態が報告された。小中一貫・学校統廃合については、質問状を提出したのち、スケジュールの一時停止を求めて追加質問を提出する予定
【岸和田】岸和田は、天神山では校区連合会から統廃合反対、計画の白紙撤回を求める要請書が提出された。
【池田】6年生の学級崩壊が3年間続いていること、中学生が入試を控えているので、コロナ禍のもとなので小学生に近づきたがらなくなっていることなどが報告された。
【貝塚】貝塚は二色小と5中を統廃合して義務教育学校にする計画が出されており、地元住民として、これに反対するビ2000枚を3度にわたって配布したこと。一方、PTAの動きにはなっていないということ、学校でもきちんとした説明がおこなわれていないことなど、困難もあることが報告された。
【大阪交流集会】3月27日(日)に予定されている大阪交流会はおこなうという方向で議論された。組み立てとしては、冒頭基調報告及び問題提起を受け、岸和田、交野、高槻(高槻が無理な場合は貝塚)から報告を受け、全体で討論・交流するということになった。

●学校統廃合・小中一貫教育 大阪交流集会
2022年 3月27日(日)13時半〜
たかつガーデン(大阪府教育会館)3Fカトレア

●全国交流集会
2022年3月6日(日) 埼玉
午前:全体会(ハイブリッド) 午後:分科会(オンライン)

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(2月12日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2022年2月12日(土)13時半

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域の動向 教育講座に向けて

【1月8日報告】
交野市,岸和田市から報告。愛知県での講演報告。
教育講座に向けて。

学校統廃合・小中一貫教育 大阪交流集会を行うことを決定。
2022年 3月27日(日)13時半〜
たかつガーデン(大阪府教育会館)3Fカトレア

●全国交流集会
2022年3月6日(日) 埼玉
午前:全体会(ハイブリッド) 午後:分科会(オンライン)

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2021年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(1月8日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2022年1月8日(土)13時半

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域の動向 教育講座に向けて

【11月13日報告】
岸和田の状況=アンケート調査で,中学生に変な憧れを持つのではないか,不安を持っている 4%
一方,部活も影響など,いろいろな形で中学生にも制限がある
箕面市=病院跡地(予定)に小中一貫校建設が浮上
通学問題も上げる必要(スクールバス運営費,有料化も)
来年度 教育講座を計画 2022年5月下旬あたりに
大阪の現状把握,岸和田,交野の報告などを中心に

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2021年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(11月13日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2021年11月13日(土)10時〜12時

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域の動向 国の政策動向

【10月24日報告】
⑴岸和田=11月21日から説明会 校区で交通量調査
 阪南地域で小中一貫校計画続出
⑵高槻=10月2日学習会 要望書提出 
ozakistさん=通学路を歩いてみたYouTube投稿
⑶池田=支援学校署名提出報告 ⑷交野=通学路改善要望書をPTAが提出
⑸「この間の教育政策の特徴と小中一貫教育・学校統廃合」(報告)
「文科省は,小中一貫教育を推し進めようとは思っていない。この研究会でも,この間の教育政策の特徴とあわせ,中教審答申を研究する必要がある」と報告。討論では,統廃合・小中一貫校が教育条件の整備といえるのか,まちづくりの観点や社会教育の視点を入れて見ていく必要があるのではとの意見が出た。

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2021年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■