地域と教育・文化研究会(7月28日)

地域と教育・文化研究会

とき  2022年7月28日(木)16時〜18時

場所  大阪府教育会館705号室

内容   学童実態調査まとめ

【6月27日報告】聞き取り総括
●熊取=事前調査をそれぞれで
●守口のとりくみ調査
父母との関わり 指導員と父母の共同
地蔵盆,子どもの遊び 学童と地域との関わりを調査

  

地域と教育・文化研究会(6月27日)

地域と教育・文化研究会

とき  2022年6月27日(月)16時〜18時

場所  大阪府教育会館705号室

内容   学童実態調査まとめ

【5月23日報告】
指導員から学童の様子を聞き取り。「指導員と教員は保護者と子どもたちについて相談し合える専門職同士」
「学童保育の場所が子どもたちや保護者の居場所になり続けたい」との言葉。
学童の民営化が進む中でも,遊びの中に子どもたちの成長・発達があると,子どもの自治活動を保護者とともにすすめる実践は聞き応えがあった。

  

地域と教育・文化研究会(5月23日)

地域と教育・文化研究会

とき  2022年5月23日(月)16時〜18時

場所  大阪教育文化センター

内容   学童実態調査

【4月22日報告】質問内容の精選
①学童保育の概要 
②子どもの状況は?
遊び,集団,地域と文化の関係を中心に
③地域(保護者も)と学校,他の機関,関わりは
保護者会との関係 子ども祭り
指導員などのスタッフ どんな役割 何が必要とされているのか
子どもの気持ちをつかんで,どんな遊びにつなげていくか

  

地域と教育・文化研究会(12月9日)

地域と教育・文化研究会

とき  2021年12月9日(木)16時〜17時半

場所  大阪府教育会館705号

内容   学童調査まとめ

【11月15日報告】
学童での集団遊び・文化について,聞き取りの打合せ。子どもの実態をつかむ
一斉休校=指導員は感染の不安を持ちながらも,「あかんあかんの中で,どうやって遊ぶのか」「コロナだからこそ,できるものはなにか」
学童に来れない子には,入り口に大きな字で張り紙も。
子どもの声を聞く=「マスクが大変」「みんな,人のせいにするのが嫌」などの声
民営化が進んでいる現在の学童で,子どもの遊びはなにか,学童と地域との関わりを取材する方向で。

  

地域と教育・文化研究会(7月19日)の延期

地域と教育・文化研究会

とき  2021年7月19日(月)を延期します

内容   文献研究 学童調査のための論点整理

【6月28日報告】
地域で育つ子ども,文化や遊びについての活動の軸足を移す
大阪の学童の概況を知る。その上で,地域における子どもの育ち,遊び,文化についての聞き取り
「学童保育と子どもの放課後」文献研究