スピンオフ講座 道徳教科書の活用術(11月24日)

➜ この案内のダウンロードはこちら(PDF)

道徳スピンオフ講座 道徳教科書の活用術
11月24日(土) 13時30分~16時30分
たかつガーデン・3F 菊
(近鉄「大阪上本町」駅・大阪メトロ「谷町9丁目」)
参加費500円(サポーターは無料)

●教材分析と活用
①小学校「星野君の二塁打」
②中学校「二通の手紙」
③中教審答申・学習指導要領の活用術~学習指導要領の内容からこんな実践ができる!

●「星野君の二塁打」初版は1947年,原版は甲子園出場かけた旧制中学の作品だった。
●「二通の手紙」法を守っていなかったのは動物園側だった…。

子どもとともに考えたい「特別の教科 道徳」の授業
目の前の子どもの実態から育てたい子どもの道徳性

「法・きまりを守る」は絶対か?
監督に逆らった星野くんは悪いのか?
解雇された元さんはすがすがしいのか
この関連で日大アメフト問題も考える

 4月から小学校では英語の教科化とともに,教科書を使用した
特別の教科「道徳」が始まっています。また,今年は中学校の「道徳教科書」の採択があり,来年度から各学校で,採択された教科書を使っての授業が始まりますが,すでに「教科化」が始まっているような学校が増えています。

 「道徳の授業」をして,いかがですか。

 「教科書」なら楽に授業が展開できる,でも「教科書」の内容とクラスの子どもの実態とかけ離れているようで,しっくり来ない…。こんな内容を毎年9年間? 高校も含めて12年間やるの?

 本講座は,6月の教育講座のスピンオフとして,さらに「道徳の教科書」を吟味しつつ,子どもの「道徳性」をどう育てていくかを考えていきます。ぜひ,ごいっしょに考えてみませんか。

【大阪教文センター教育課程研究会・教育委員会制度研究会】

大阪教育文化センター

TEL 06-6768-5773
MAIL : kyoubun@minos.ocn.ne.jp

  

教育課程研究会・教育委員会制度研究会(7月12日)

教育課程研究会・教育委員会制度研究会

○とき 7月12日(土)18:30~

○ところ 大阪府教育会館(たかつガーデン)403号室

○内容 教育課程研究会と教育委員会制度研究会合同
    「これからのコラボ企画に向けて」③

  

教育講座2018 道徳教科書の活用術(6月30日)

 この案内のダウンロードはこちら(PDF)

教育講座2018 道徳教科書の活用術 6月30日(土)13時半

かぼちゃのつるはわがままか?
お母さんの無償の愛なのか
手品師は誠実・正直なのか

子どもとともに考えたい特別の教科「道徳」の授業
目の前の子どもの実態から育てたい子どもの道徳性

基調提案

 いま、道徳の教科化の中で起きていること
 来年使用の中学校「教科書」はどうなっているのか教科書をどう活用するか,その扱い方

実践報告・教材分析

①小学校低学年「かぼちゃのつる」
②小学校中学年「お母さんの請求書」
③小学校高学年「手品師」

●研究協議

 報告を受けて研究協議と1学期の様子を交流します

6月30日(土)13時半~16時半たかつガーデン・2FコスモスA(近鉄「大阪上本町」駅・地下鉄「谷町9丁目」)

 4月から小学校では英語の教科化とともに,教科書を使用した特別の教科「道徳」が始まっています。

 また,今年は中学校の「道徳教科書」の採択があり,来年度から各学校で,採択された教科書を使っての授業が始まります。

 「道徳の授業」をして,どうでしょうか。

 「教科書」を使うと,発問もあり,スムーズに授業が展開できていると思っているでしょうか。

 「教科書」の内容とクラスの子どもの実態とかけ離れているようで,どうもしっくり来ないと思っていませんか。

 本講座では,「道徳の教科書」を吟味しつつ,子どもの「道徳性」をどう育てていくかを考えていきます。ぜひ,ごいっしょに考えてみませんか。

【大阪教文センター・教育課程研究会】

【次回の教育講座】
9月15日(土)「担任だからこそできる英語の授業」

大阪教育文化センター TEL 06-6768-5773
MAIL: kyoubun@minos.ocn.ne.jp

  

教育課程研究会・教育委員会制度研究会(6月7日)

教育課程研究会・教育委員会制度研究会

○とき 6月7日(土)18:30~

○ところ 大阪府教育会館(たかつガーデン)403号室

○内容 教育課程研究会と教育委員会制度研究会合同
    「これからのコラボ企画に向けて」②

  

教育課程研究会 (1月11日)

教育課程研究会

○とき 1月11日(木)17:00~

○ところ 大阪府教育会館(たかつガーデン)403号室

○内容 道徳教科書教材を分析しよう

○報告者 1年生「かぼちゃのつる」 (小学校教員)

     3年生「お母さんの請求書」 (小学校教員)

     6年生「手品師」 山口 隆さん(大阪教文センター)