記事一覧

教育課程研究会(11月14日)

教育課程研究会

○とき 2020年11月14日(土)14時

○ところ 大阪教育文化センター

○内容 学校再開後,2学期のクラス・学年のとりくみ(小学校)中学校のとりくみ(予定)

【9月22日の概要】第2回教育講座で報告する,学校再開後の小学校・中学校のとりくみを読み合わせ・検討

■学校再開に向けての取り組みはコチラ■

  

「部落問題解決と教育」研究会(11月21日)公開研究会

「部落問題解決と教育」研究会

■学校再開に向けての取り組みはコチラ■

日時 2020年11月21日(土)13時半〜 【公開研究会】どなたでも参加できます。

場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)705号室

内容 「部落問題学習」の資料と指導案づくり
学校現場から,書籍の内容や研修に疑問をもち,まともな資料や教材はありませんかとの問い合わせが時々あります。研究会ではそんなときに,こういう資料はどうでしょうと提示できるものが必要なのではないかという議論になりました。
そのためには学校現場の意見もお聞きしたいところです。
11月例会は現場の先生方が参加できるように土曜日に,そして参加しやすいように「公開研究会」として行います。(たたき台を提案するつもりです。成案ではありません)

【9月17日概要】 来年度採用の歴史・公民教科書別「部落問題」関連記述の検討 授業で「部落問題学習」を強要された場合

研究会作成のホームページ「人権教育事典」 https://jinken-kyoiku.org/

  

ジェンダー平等教育研究会(10月10日)

ジェンダー平等教育研究会

■学校再開に向けての取り組みはコチラ■

○とき  2020年10月10日(土)14時〜16時

○場所  たかつガーデン706号東(大阪教育文化センター)

○内容  高校の実践報告

【9月12日報告】ジェンダー視点から見た教科書(来年度採用中学教科書中心に)家庭,公民,保健体育,道徳の教科書記述を詳細に検討。道徳の教材に関しては問題点が多くあるが,家庭,公民では全体としてジェンダー関連の記述は増加。性の多様性の記述が各教科で数多く登場してきたことが報告された。

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 下記(一番下)郵便振替口座へ直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。

■ 申し込み先 ■

郵便振替 口座番号:00950-9-14083

加入者名:大阪教育文化センター

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(10月17日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■学校再開に向けての取り組みはコチラ■

○日時 2020年10月17日(土)10時〜12時

○場所 大阪府教育会館 705号室

○内容 Q&Aパンフレット改訂について 各地の状況,運動の教訓

【9月12日の報告】①各地の状況=交野市,池田,守口,奈良市右京区報告 ②パンフレット改訂=各市の状況,運動の教訓等を議論。

※全国交流集会は3月開催を予定。

「大阪市 小学校の3割を条例で統廃合」はこちら

「大阪市 小学校 行政区ごとの統廃合」はこちら

  

登校拒否を克服する会 第206回交流会

第206回 登校拒否を克服する会 大阪交流会

日程:2020年9月20日(日)

時間:午後1時~午後5時
場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)7階
(大阪市中央区北浜東3-14)
アクセス:京阪電車/地下鉄谷町線
「天満橋駅」2番出口より西へ徒歩5分
資料代:500円

詳しい内容はコチラから

第207回交流会は11月21日(土) 13時〜17時
講師 山田哲也さん(一橋大学教授 教育社会学)特別講座

第208回交流会 1月24日(日) 13時〜17時予定

  

「学校づくりと教職員」研究会(10月6日)

「学校づくりと教職員」研究会

■学校再開に向けての取り組みはコチラ■

○とき 2020年10月6日(火) 18時半

○ところ ZOOM

○内容 教員評価についての問題整理の検討、及び教員の専門性、専門職性を高めるための教員評価について 2人から提起

【9月1日概要】教員評価論 専門職性の発達的観点からZOOMで講義

  

教育委員会制度研究会(10月24日)

教育委員会制度研究会

○とき 2020年10月24日(土)15時〜17時

○ところ 大阪府教育会館705号

○内容 コロナ禍で浮き彫りになってきた教育行政の問題点その3 2014年地教行法改悪の際の前川喜平初等中等局長名の通知の検討

【8月29日報告】安倍首相の全国一律休校要請(2月27日)の法的問題点を明らかにした。教育委員会の自主的判断の必要性に言及。

■学校再開に向けての取り組みはコチラ■

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会(9月12日)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■学校再開に向けての取り組みはコチラ■

○日時 2020年9月12日(土)10時〜12時

○場所 大阪府教育会館 705号室

○内容 Q&Aパンフレット改訂について 各地の状況,運動の教訓 奈良の学校統廃合問題

【8月29日の報告】①各地の状況=交野市,②7月26日の教育フォーラムの報告③Q&Aパンフレット改訂について(骨子)=コロナ禍で浮き彫りになった学校統廃合の問題点,安倍政権「自治体戦略2040構想」と学校統廃合検討

※全国交流集会は3月開催を予定。

「大阪市 小学校の3割を条例で統廃合」はこちら

「大阪市 小学校 行政区ごとの統廃合」はこちら