第4回教育講座「環境教育」(1月22日)

集まって話そう地球の環境、私たちの未来
~大阪環境教育交流会(第4回教育講座)へのおさそい~


#気候変動問題ってどんな問題なの?
#自然エネルギーについて知りたい!
#外来生物は生物多様性にどう影響するか?
#プラスチックで海洋生物にどんな影響が出るの?
#多発する自然災害にどう備える?

■ビラはコチラ■

SDGsやプラスチック汚染問題、など環境をめぐるいろんな課題がさまざまな形で取り上げられようになっています。学校でも授業やクラブ活動、行事などで環境教育に取り組むことが多くなっています。しかし一方で「環境問題をどのように子どもに提示して良いかわからない」とか
「そもそも環境問題についてよくわからない」といった声も多くあります。

環境教育研究会では学校での教育実践を交流すると同時に、地域など学校外で環境教育に取り組む団体とも交流や検討を行ってきました。こういった経験を多くの人と共有するために環境教育交流会を行います。
交流会の中では、学校でどのように環境問題に取り組んだかという実践報告と検討、参加団体の活動や資料の展示、配布、紹介を行います。

日 時 1月22日(日) 13時半〜16時半(13時開場)
会 場 大阪府教育会館(たかつガーデン) 3Fカトレア
資料代 500円 (教文センターサポーター、学生は無料)

●13:35〜14:30
実践報告①「国際問題講座実践報告」
気候変動の問題を中心に学習した高校の授業実践です。気候変動についてどう考えていますか?様々な立場になって、ロールプレイをしてみましょう。伝説のスピーチと言われた3人に出会ってもらい、自分たちに何ができるか考えてみよう。地球環境問題の本質はどこにあるのか、一緒に探ってみましょう!

●1435〜1530
実践報告②「地球環境を考える出前授業」 豊中市民エネルギーの会
豊中市などの小学校の出前授業の紹介。地球の歴史や生命の進化を知って自然、生命の大切さを知る。現在地球でおこっている地球環境の危機について学ぶ。自分たちの生活を考え、どのような行動が必要とされているかを考える。という内容を2時間の授業で行った。授業の内容や子どもたちの反応について報告。

●15:35〜16:20
全体討議③ 参加団体からの活動紹介や全体討議
      (資料配付・パネル展示あり)
●16:20〜 まとめ 

主  催 大阪教育文化センター 環境教育研究会
参加団体 池田エコスタッフ、豊中市民エネルギーの会、あおぞら財団、せいわエコクラブ

  

大阪教文センターだより170号

大阪教育文化センターだより170号の内容

2022年11月30日発行

【内容】
①第4回教育講座「環境教育」
 集まって話そう地球の環境,私たちの未来(2023年1月22日)
②第3回教育講座「教育の未来を拓く,学校でのICT『活用術』」
 (GIGAスクール構想)(12月3日)
③教育のつどい大阪2022全体会のオンライン視聴について(2023年1月7日まで)
④詩
⑤これからの研究会

大阪教文センター教育講座のお知らせ(第3回,第4回)
 今年度の教育講座は「子どもの成長・発達にとって何が必要か」をテーマとし,第1回講座「GIGAスクール構想と子どもの成長・発達」はすでに6月に開催しました。
 第2回教育講座は「子どもが輝き,成長する集団づくりへ〜実践上の大切なポイント」を10月22日におこないました。

 第3回教育講座は「GIGAスクール構想のもとでのICT活用術」です。これまでの講座では,スマホ等の端末使用と子どもの健康面(視力,身長など),脳に与える影響,PISAの結果から「学力」との関係や個人情報に関わる重大問題を扱ってきました。1人1台端末の時代を迎え,端末の積極的な使用が叫ばれていますが,端末使用に伴う様々な悪影響を取り除き,デジタル機器の効果的な活用方法を探ります。【12月3日㈯13時半】

◆今後の予定◆
第3回教育講座 GIGAスクール構想のもとでのICT「活用術」
12月3日㈯13時半・たかつガーデン3Fローズ
第4回教育講座 環境教育(1月22日) 

第5回教育講座「授業づくり」
2023年1月28日㈯13時半・たかつガーデンB1オリーブ

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

郵便振替 口座番号:00950-9-14083

加入者名:大阪教育文化センター

  

第3回教育講座 GIGAスクール構想(12月3日)再掲

アメリカ・カナダで「タブレットによる授業」をボイコット?
1日1時間以上のインターネット利用は学力低下を招く?
第3回教育講座 教育の未来を拓く,学校でのICT「活用術」

と き 2022年12月3日(土) 13時半〜16時半
場 所 大阪府教育会館(たかつガーデン)3Fローズ
資料代 500円(サポーター無料)

「教育の未来を拓く,学校でのICT活用術」をテーマに,GIGAスクール構想にさらに深く食い込み,学校現場で端末をどう活用していけばいいのか探っていきます。

今回は,海外のICT教育先進国でどんな教育が行われているのか,最新の事例を紹介します。また,端末(PC,タブレット,スマホ)の使用について,子どもの成長・発達に与える影響を脳科学の事例研究を紹介しながら,日本におけるICT「活用術」を探ります。
講師は田中康寛さん(大阪教文センター)です。

【おもな内容】
⑴ICT教育先進国の成功と失敗から学ぶ
エストニア,フィンランド,ノルウェー,スウェーデン,オーストラリア,ニュージーランド,アメリカ,…
⑵子どもの成長・発達を大切にするICT「活用術」
教師の指導性,「量より質を」,脳の成長・発達と結んで
⑶個人の尊厳を大切にするICT「活用術」
最初に「ネットの怖さ」を正しく教えること,コントロール「できる」力の育成を
⑷学校のよさ「みんなといっしょに学ぶ」を大切にするICT「活用術」
教育の真実,感動は直接の人格的関わりにある。ICTは補完物
⑸ICT活用と「参加と共同の教育・学校づくり」
教育の公共性を守り,「個人データ主権」の実現へ,幅広い対話と共同を

★GIGAスクール構想ブックレット第2弾  刊行予定!!
 なお,今回の講座にあわせ,GIGAスクール構想ブックレット第2弾を刊行(訂正=1月)する予定です。第1弾からさらに内容を深めたものになっています。

【下のA4チラシのダウンロード】
①下の画像をダブルクリックして開いてから右クリックして「別名保存」するか
②下の画像上で右クリックし,このリンク先画像を別名で保存すると
PC上のダウンロードフォルダに保存されます。【訂正】ブックレット第2弾は1月刊行予定です。

【機関紙等掲載用10×10cm】
①左の画像をダブルクリックして開いて
右クリックして「別名保存」するか
②左の画像上で右クリックし,
このリンク先画像を別名で保存すると
PC上のダウンロードフォルダに
保存されます。

 

 

このあとの教育講座は…
★第4回教育講座 2023年1月22日㈰ 13時半 3Fカトレア
「環境教育」
⑴気候変動問題(生徒と世界の出会い〜国際問題講座より〜)報告(1時間)
⑵豊中市民エネルギーの会報告(小学校での出前授業)(40分)(予定)
⑶討論 各団体からはとりくみの紹介内容・資料
気候変動問題を中心に,環境教育のとりくみを報告します。

【授業を受けた生徒の感想】
●これぞ勉強だ、と思った。大学を志望した理由もこの講座のおかげで将来やりたい事が明確になり、書くことができた。中村哲という人を教えていただき、私もこんな人になりたいと思った。
●教育を自ら受けたいと大人(世界)へ訴える行動力、トイレの大切さ、国際問題がいかに私たちに関係しているのか、世界で自分以外の人のために物をつくり助けている人、私はこの講座を通してたくさんの学びと、これから生きる上で役立つ知識を得ることができました。

★第5回教育講座 2023年1月28日㈯ 13時半 B1オリーブ
(仮題)「子どもが主体的にとりくむ授業をつくりたい!」授業づくり

【お知らせ】第33回共同研究集会 2023年3月21日㈫ 13時半 たかつガーデン・2Fコスモス

  

学校統廃合・小中一貫教育研究会 日程変更(12月10日に)

学校統廃合・小中一貫教育研究会

■新版パンフレットはコチラ■

○日時 2022年12月10日(土)10時

※12月4日に予定していましたが,教育会館8Fの工事があり,10日に変更します。

○場所 たかつガーデン(大阪府教育会館)7階 705号室

○内容 各地域のとりくみ

【10月9日報告】最初、門真の施設一体型小中一貫校(義務教育学校)にかかわって、経産省「産業構造審議会 教育イノベーション小委員会 学びの自律化・個別最適化WG」の資料をもとに、30分程度コメントをおこない、その後質疑・討論をおこなった。次に堺から、「学校群」について報告がおこなわれた。モデル校については、今のところ5つの中学校区(陵西中・旭中・五箇荘中・三原台中・若松台中)が手を挙げているということだが、ほとんどの教職員は「学校群」について知らないという状況。日渡前教育長が打ち出したという段階で、教育委員会も具体的にどのようにするのかについては語っていないという段階。今後この事業の推進を担う「学校改革推進室」との折衝・協議をすすめていくということ。各地からの報告では、岸和田では反対運動がすすめられている地域の小中一貫校について、市教委が「保留」という表現をおこなったということ。池田からは、ほそごう学園でおこなわれた市の教職員研修で、ほそごう学園の先生が語ったことが報告された。研修会での報告では、6年生のモチベーションに問題がある、子どもがリセットチャンスを喪失しているなどが語られたということ。

【連絡】学校統廃合・小中一貫教育全国交流会の日程が3月5日㈰に 兵庫・オンラインで

■研究会へ参加される皆さん■

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)

■ 申し込み先 ■

  

環境教育研究会(12月17日)

環境教育研究会

○日時 2022年12月17日(土)14:00~

○場所 大阪府教育会館705号室

【内容】1月の教育講座の内容検討,他実践報告

■■2100年未来の天気予報(紹介)■■

【10月10日報告】
教育講座打合せ【協議事項】
生徒と世界の出会い〜国際問題講座(選択)〜報告
気候変動,世界の問題(トイレ,マララ,青年海外協力隊,中村哲など)を取り上げ,17時間の授業実践。気候変動は様々な立場の人になりきってのワークショップ実践も含む。国連環境会議のスピーチとセヴァン・グレタ・キャシースピーチに生徒の目の色が変わってきた。「これぞ勉強だ,と思った」との感想。
●10月30日にZOOMで教育講座打合せ
●11月は教育のつどい大阪 分科会に参加

■参考■
【TVでおなじみ、ダニ博士が語る】新型コロナウイルス発生の裏にある“自然からの警告”(2020.4公開 17分)

【10周年記念シンポ】五箇公一さん「ワンヘルス ~生物多様性保全と感染症管理~」なごや生物多様性センター(2022.3公開 55分)

■研究会へ参加される皆さん■
教文センターの2022年度サポーターになって下さい

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 下記(一番下)郵便振替口座へ直接申し込む。

② 右のQRコードから直接申し込む。

③ 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。

■ 申し込み先 ■

郵便振替 口座番号:00950-9-14083

加入者名:大阪教育文化センター

  

ジェンダー平等教育研究会(12月17日)

ジェンダー平等教育研究会

○とき  2022年12月17日(土)14時 
○場所  大阪教育文化センター
○内容  実践報告(青年期・ジェンダー,人権)

【10月8日報告】
①自民党の性をめぐる政策と宗教右派
②くらしのなかのジェンダー
③パートナーシップと統一教会
④徹底追及 統一教会
⑤全国拡大する家庭教育支援条例
⑥草の根で「家族のあり方」が押しつけられるとき
⑦性教育バッシングと統一教会問題を改めて問う(浅井春夫)【読み合せ】
⑧思春期のためのラブ&ボディbook
そもそも統一教会とは,祭りの伝統と男女のちがい 中絶問題(小池参議院代表質問「妊娠出産を決めるのは女性の権利」)など多岐にわたる。個別事例(高校)について。
●11月は教育のつどい大阪分科会に参加
●12月17日に研究会
●1月14日(土)に研究会
【補足】統一教会と性教育(北日本放送9月2日)

【新刊紹介】推薦:ジェンダー平等教育研究会
『市民を育てる「公共」1年間の授業をデザインする』
※新学習指導要領により今年度から新科目「公共」がスタート。
新しい科目で授業をどうデザインするのか,たくさんのアイデアが載った本です。
『市民をそだてる「公共」』のご注文は 必要冊数・送り先・メールアドレス
を明記の上、大阪教育文化センターまで(割引あり)
kyoubun@minos.ocn.ne.jp

■詳しくはコチラ■

 

■教文センターの2022年度サポーターになって下さい■

■ あなたも教文センターのサポーターに ■

サポーターになるには

① 右のQRコードから直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。

後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。
なお,ゆうちょ銀行や郵便局内のATMも利用可(局によっては土日利用可)。

■ 申し込み先 ■

  

集団づくり研究会(12月11日)

集団づくり研究会
とき 2022年12月11日(日) 14時
場所 大阪府教育会館(たかつガーデン)705号室

内容 第2回教育講座を終えて
   小中学校の集団づくり(引き続き)

できたての研究会です。研究者とともに実践をすすめています。
ご参加をお待ちしています。

  

授業づくり研究会(12月11日)

授業づくり研究会

○とき 2022年12月11日(日)10時〜12時

○ところ 大阪教育文化センター

○内容 引き続き授業研究「くじらぐも」(小学校1年)

【9月23日報告】
くじらぐも教材観,授業計画。「各場面での繰り返しや対比表現に着目し,比べてみることを通して心情や様子を読み取る活動をしていきたい」と。音読で同化など,音読の重要性も議論。