大阪教文センターだより152号

大阪教育文化センターだより152号の内容

2021年2月22日発行

【内容】
●中教審答申をどうみるか
中央教育審議会「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~(答申)」について
1.ICTによる国民管理の一環として、子どもと教育の管理をねらう
2.「個別最適な学び」の名のもとに、学習の変質をねらう
3.矛盾に満ちた新学習指導要領路線からの修正
4.実態を無視した教科担任制の導入
5.私たちの側に引き寄せ、現場の教育活動で活用可能ないくつかの記述

●新版「もうやめよう!「小中一貫」・学校統廃合Q&A」パンフレット
●卒業生に贈る詩
●研究会
●教育課程づくり集会(3月28日)

【読者の感想】センターだよりNo.152を拝読しました。中央教育審議会の答申が分かりやすく書いてあり、ICT教育と教科担任制のことが掴めました。
残念ながら、町は、強引に小学校を統合してしまいました。小規模校を統合する理由に「多くの他者と切磋琢磨」「主体的な学びの実現」と教育委員会は、何度も言ってました。その矛盾を教育委員会に質問したいと思います。
新版「もうやめよう!小中一貫、学校統廃合Q&A」を10冊注文したいので、お願いします。

※「大阪教文センターだより」「おおさかの子どもと教育」を入手するには
大阪教文センターのサポーターになってください。(年間1口=3000円)

サポーターになるには

① 下記(一番下)郵便振替口座へ直接申し込む。

② 下の■申し込み先■をクリックして,送付先の住所・氏名等必要事項を記入の上,件名に「サポーター希望」とお書きの上,メールを発信してください。後日,直近の大阪教育文化センターだより,おおさかの子どもと教育とあわせ,郵便振替用紙をお送りいたしますので,郵便局で振込をするか,直接教文センター事務局へカンパをお渡しください。

■ 申し込み先 ■

郵便振替 口座番号:00950-9-14083

加入者名:大阪教育文化センター

■ あなたも教文センターのサポーターに ■